サルでもわかる国家破綻

国家が破綻したら一体どうなるの??私たちは具体的にどう言う風に困るの?というような「国家破綻」についての素朴な疑問を考えてみるページです。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Q.国債がどうして安全なの?
人がお金を殖やそうとしてとる手段として大まかに「預金」と「株式投資」があることはわかった(「投資信託」は株式投資の一つ、「為替」は乱暴だけど「預金」の一つとみなす。)。それは、お金を預けた先が利益を上げる活動(銀行ならお金を貸している、会社なら物やサービスを売っている)をしているから、そこからいくばくかのリターンを期待するというのは納得できるのです。
続きを読む >>
Q.投資(お金を殖やす)の手段として「国債(国の債券)」ってどうなの?
たとえば、自分がたくさんお金を持っていて、
たんすの中にしまっていてもいいんだけど、
何かお金を増えるような仕組みを世の中では売っているらしいので、そういうものを利用して少しでも持っているお金が増えるんならちょっとやってみようか、ということですよ。
続きを読む >>
Q.国債ってなんですか? --国家破綻の瞬間のキーワード「国債」--
とりあえず、国家破綻する瞬間で何が起こっているのかというと、「隊長!もうこれ以上国債を発行できません!」ということなのではないだろうか。
続きを読む >>
Q.国債って一体誰が買ってるの?-国債の保有者内訳についての素朴な疑問--
最近「個人向け国債」という商品を宣伝するCMとかポスターなどを頻繁に見かけるようになりました。さて、国債を買って持っている人の内訳とはどんなものでしょう。なんとなくイメージするのは半分は銀行とか?そしてあの「個人向け国債」ポスターの露出度から言うと個人が30%くらいかな?なーんていうイメージを抱いてみました。それで、その資料を探してみました。
続きを読む >>